美しい歯を手に入れる方法。インプラント治療の今

インプラント治療

インプラント治療の術式について

最近では、たくさんの人が施術を受けているインプラント治療ですが、インプラント治療には骨移植が必要なケースもあります。どうして骨移植が必要になるのかは、インプラント治療の術式の中で説明していきます。インプラント治療は、歯科医師によるカウンセリングから始まります。ここでは、インプラント治療について詳しく説明を受けることになります。次に、CT等により診断を行い治療計画を立てて行きます。この時に、歯槽骨に十分な骨がないと判断された場合に、骨移植を行うことになるのです。骨移植は、自己の骨組織を移植しますから、拒絶反応は起こりませんが、通常の治療期間よりさらに数か月間時間がかかることになります。そして、骨量の増加を確認してから一次手術に入るのです。

骨移植後の治療の流れについて

骨移植後の治療の流れについては、次の通りです。まず、歯ぐきを切開して歯槽骨を露出させ、骨との親和性が高いチタン等でできたフィクスチャーを埋め込みます。これを一次手術と呼んでいます。そして、フィクスチャーと歯槽骨の結合には、3から6カ月必要となりますから、それを待って、二次手術を行います。二次手術では、歯ぐきを再び切開してフィクスチャーの頭を出し、アバットメントと呼ばれる人工歯とのジョイントになるパーツを取り付けるのです。さらに、1カ月程度待ってから、いよいよ人工歯を装着することになります。こうしてできあがったインプラントは、通常のデンタルケアでお手入れができますが、定期的な検査が必要になります。インプラント治療で骨移植が必要になる場合、治療費は当然増えることになりますから、納得した上で治療を受けるようにしましょう。

ピックアップ

インプラントと骨

インプラント治療を行う場合に、歯槽膿漏などの症状があり骨量が十分になり場合は骨移植による増量治療を行います。インプラントは骨がしっかりしていないと処置の難しい手術なのです。

» readmore

インプラントの今

インプラントとは失った歯を人口義歯で再現する治療方法です。まだ歴史の浅い治療法ですが、様々な研究がなされていて、様々なインプラントがメーカーから搭乗しています。インプラントはまた、メンテナンスも必要です。

» readmore

インプラントと保険

インプラントが広く利用される以前は入れ歯治療が一般的でした。インプラントは自然なつけ心地で人気がありますが、保険適用外で全額自己負担という事も知っておく必要があります。また治療するクリニック選びも慎重に行うのが良いです。

» readmore

歯科講習と治療

歯科医は治療だけでなく、衛生講習といった虫歯予防の為に学習をする機会を提供しています。虫歯になる前に正しい歯の知識を身につける事は大切な事です。虫歯になってしまうと治療が必要で、様々な費用が発生します。

» readmore

↑ PAGE TOP